MacかWindowsか?イラストレーションに相応しいOS

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > イラストレーターになるための道具 > MacかWindowsか?イラストレーションに相応しいOS

MacかWindowsか?イラストレーションに相応しいOS

現在、イラストレーターとして仕事をすると考えた場合、余程特殊技能をお持ちでない限りは、デジタルソフトを使いこなすことは、最早当たり前とされています。

殆ど全てのクライアントはデジタル納品でお願いしてくるでしょう。ですから、イラストレーターになるにあたっては、デジタルを使いこなせるようになることは、一部の例外を除いて、必須技能と言えると思います。

ハードウェアに関しては、MacintoshとWindows、どちらを選べばいいか悩む人も多いようです。以前は、クリエイティブ業界ではMacintosh(通称:Mac)が主流でしたが、現在では、MacとWinどちらでも殆ど大差はないです。印刷業界ではまだややMacが主流ですが、Windowsで作ったデータでも殆どの場合納品可能ですから、Windowsを使っていても問題は無いでしょう。

逆にWeb業界においてはWindowsの方が主流となっています。それはWEB業界の特徴を少し考えれば分かることで、WEBを閲覧しているユーザーの9割以上はWINDOWSであることが大きいと言えます。

あと、3DCGにおいても、WINDOWSが主流であり、Macでは使えないソフトも多いです。

上記のような業界の事情を考慮された上で、WindowsにするかMacにするか考えると良いでしょう。

イラスト&CG - livedoor Blog 共通テーマ