トレース台の用途

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > イラストレーターになるための道具 > トレース台の用途

トレース台の用途

トレース台とは、下から光をあてて、原稿を透かすことによりトレース(写し描き)を可能とした道具であり、昔から多くのイラストレーターやアニメーター等の絵描きに愛用されている道具です。

呼び名は「トレース台」以外にも、ライトボックス、トレースボックス(トレスボックス)、ライトテーブル、ライトトレーサー、トレーサー、ビュアー、透視台等と、様々な呼び名をされています。

デジタルが主流となった現在においても、アニメ制作、イラスト制作、コミック(漫画)制作から同人誌制作に至るまで、絵を描く多くの職業の人にとっては欠かす事の出来ないアイテムとなっています。

用途も幅が広いです。まず、「クリンナップ」と呼ばれる作業を行う際に使われます。「クリンナップ」とは、下書きのラフな線を、鉛筆で綺麗に整った線に清書(トレース)する作業のことで、主にアニメ制作に使われている技術でしたが、今では漫画のペン入れも、この鉛筆でのクリンナップで行われることも多いのです。またイラストレーションの世界でも、ペン入れを、このクリンナップで行っている人も多数います。デジタルの線よりも味を出しやすいからです。

また、リアルなイラストレーションを描く際に、元となる写真をトレースして形を抽出する際にも、このトレース台は愛用されています。

さらに、イラストレーションやアニメーションの現場では、人物と背景を別々に描かなければならないことも多いのです。その際に、このトレース台を使って背景と人物を別々のかみに描いていったりするのですね。

また、写真家などの方が、撮影したネガやポジを並べて下から光を当ててよく見えるようにする道具としても使われています。この場合は「ビュアー」「透写台」などと呼ばれるようです。

以上のような用途でトレース台は使われています。

アート、芸術全般 - livedoor Blog 共通テーマ