トレース台の選び方

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > イラストレーターになるための道具 > トレース台の選び方

トレース台の選び方

トレース台というのは様々な種類があり、その性能もピンキリです。価格にも幅があって、初めてご購入の方は、何を選んで良いのか分からないかもしれません。

そこで、私なりに簡単にトレース台選びの基準を書いてみます。是非参考にされて下さい。
選ぶ基準としては、下記になります。

1.照明の明るさ
2.光源の種類
3.照明面のサイズ
4.厚さ
5.蛍光管の取替え
6.カッティングマットの有無

ご購入前に、上記の項目をチェックすると良いでしょう。

まず1の照明ですが、照明が明るすぎると目が痛くて大変ですし、逆に暗すぎると上手く透けてくれません。明るすぎる場合は、紙を1枚敷いて調節も可能です。

2.に関しては、通常の蛍光ランプ(蛍光管)でも良いのですが、ちらつきが少ないインバータータイプもありますので、ご予算の都合でご検討下さい。

3.照明面のサイズは、大きいほど広い用途に使えますが、場所もとりますし、その分値段も高くなります。その辺りも加味して、ご自分の用途に最適なものを選ぶと良いでしょう。通常はA4〜B4辺りで大丈夫だと思います。

4.厚みに関しては、普通は薄ければ薄いほど良いです。机の高さも変わらないので、普段の使用感と近い感覚で描けるからですね。分厚いと机の高さが変わるので、ちょっと書きにくくなると思います。また、傾斜をつけている商品も多く、その傾斜の角度も商品によって微妙に違うので、その辺りも気をつけましょう。

5.蛍光管の取替えが簡単に出来るものをが良いですね。最近のヤツは、蛍光管の取替えもしやすいものが多いようです。

6.カッティングマットが付属していると、用途によってはかなり重宝します。最初から付属しているものもあれば、別途購入し、貼り付けるものもありますね。ご使用の場合はこの点もご購入の際、確認すると良いでしょう。

以上、トレース台選びの基準を簡単に説明してみました。

アート、芸術全般 - livedoor Blog 共通テーマ