Photoshopによる金属の質感の出し方

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > イラストレーターになるための道具【デジタル編】 > Photoshopによる金属の質感の出し方

Photoshopによる金属の質感の出し方

金属の質感というのは、絵を描く際には結構重宝します。

ちょっとリアル目のイラストを描くときは勿論ですが、3DCGでも使える技術です。

そこで、Photoshopを使ったTipsとして、金属の質感の出し方をご紹介致します。もっと簡単な方法もあるかもしれませんが、とりあえず私がどこかの掲示板で教わったやり方です。

金属の質感といっても様々な種類の金属があるわけですが、今回ご紹介するのは、最も一般的なタイプの全体的に経カミヘアラインの入ったような金属の質感の出し方となっています。

1.新規作成で適当なサイズのグレースケール画像を作ります。

2.フィルタ→ノイズを加えるで全体的にノイズを加えます。ノイズの量は、最大に近いくらいいの範囲で結構だと思います。

3.フィルタ→ぼかし(移動)で、水平あるいは垂直にぼかしをかけます。
移動量に関しては、プレビューをONにした状態で、見た目で調整してください。
だいたい50〜150かと思います。

4.ぼかし(移動)をかけた両端は、中央部分と掛かり方が異なってくるので、不要部分をトリミングする。

5.ファイルをRGBモードに変換し、ひとつ上にレイヤーを作り青系統の色で塗りつぶしたものを、レイヤーの合成モードで乗算や色相などのモードで切り替えて載せれば、青っぽい質感の金属の出来上がり。