イラストレーターのネットでの売り込み

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > 売り込み > イラストレーターのネットでの売り込み

イラストレーターのネットでの売り込み

イラストレーターは、少し前までは足を使っての営業活動は必須と言える状態でした。ですが、最近では、そうでもない状態です。私は、実は今はもう足を使った営業活動は、一年以上行ってません。ネットでホームページ(ウェブサイト)を開設し、そこからの集客のみで営業は十分事足りています。

そして、このウェブサイト経由での依頼は、近所のデザイン会社からの依頼ではなく、半分以上が東京からの依頼です。私は地方在住のイラストレーターですが、東京に一切売り込みにいかず、東京の仕事が取れている状態です。しかも一度作ったらあまり更新せずにほったらかしでも仕事が来ます。営業が苦手なイラストレーターにとって、ネットというのはホントに便利なものですね。

但し、注意点もあります。ネットでの依頼は、当然のことながら、地の利を生かせません。ネットで人材を探す以上、クオリティ第一での探してくるクライアントが殆どです。なので、近所だからとか、便利だからとかで売っているイラストレーターは、ネットでは生きていけません。人間関係の円滑さは、当然ネットでも要求されます。しかし、リアル(ネットとリアルというわけ方は、あまり好きではない・・というか不適切だとは思いますが便宜上使わせていただきます)ほどには、人間関係を重視したり、付き合いが必要では無いように思います。ですから、クオリティよりも人間関係を上手に築いて世渡り上手な感じで仕事を取ってきた人は、ネットでは、リアルほどは通用しにくいかもしれませんね。ですが、それでも、ネットでもそのようなことは武器にはなります。しかし、ネットの場合はやはりクオリティが重視されると思います。何でも屋よりもスペシャリストの方が良いでしょう。ネットでは多くの選択肢が最初からあるわけですから、何でも描ける人になんでも描いて貰うよりも、あるジャンルではこの人、別のジャンルではこの人・・といった具合に住み分けが強化される傾向にあると思います。

ですから、今までのイラストレーターに要求されてきたものとは、少し違った要素が求められるかもしれませんね。ちなみに、私はネット経由で仕事をもらっているクライアントには、2年以上仕事をもらっていて一度も会っていないってなことはザラです。人間関係が煩わしく感じる人にはうってつけですが、その分シビアに実力で勝負の世界になりますね。

外国語が堪能な人は、海外の仕事をネット経由で募集するのも良いかもしれません。逆に海外在住で日本の仕事を取ることも可能ですね。