イラストレーターの著作権の知識

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > イラスト > イラストレーターの著作権の知識

イラストレーターの著作権の知識

著作権というのはとても複雑な法律ですが、イラストに大きく関係するのは,大きく分けて、「著作者人格権(18〜20条)」「著作財産権(21〜28条)」です。

人格権は3つ
・公表権(18条)・氏名表示権(19条)・同一性保持権(20条)
人格権は作者固有の権利で、「譲渡」は出来ません。
「行使しない」か「行使する」かのどちらかしかありません。
つまり、イラストを描いた本人しか持てない権利となります。

ということで、よく言われる、「著作権の譲渡」は「著作者財産権」についてのことを指す場合がほとんどです。

ですが、ここまでをすでに理解していない担当者も多いです。全部ひっくるめて譲れと言ってくるドアホなクライアントも少なくありません。そういうクライアントは論外と思ったほうが良いです。特にWebはかなりの割合で無法地帯できちんと知識と契約をもって対処しないといけません。

続きですが、「著作財産権」には以下の権利があります。
1.複製権:(出版権)版権とも言われています。著作物を印刷、写真、複写、
録画、録音、その他の方法で再生させる事ができる権利を言います。
(著作権法 第21条)
2.展示権:著作物である原作品を公に展示する事ができる権利です
(著作権法第25条)
3.公衆送信権:著作物を無線、有線放送等で放送する事ができる権利。
(著作権法第23条)
4.原著作物の権利:複製権(出版権)上映頒布権(映画など)など多岐に渡るその定義は現在メディアの変化や多様化で増々複雑になって来ています。
5.改作された二次的使用権:(変形の権利)原作品を元にアレンジする権利。
6.二次的著作物の利用権:原著作物を元に変形された著作物を利用する権利
著作権の全面譲渡となると上記の「財産権」を譲るということです。

簡単に説明すると、ざっとこんな感じですが(実際にはもっと複雑です)、この著作財産権も、基本的には、契約を交わさない限り、著作財産権の譲渡は行われていないので、イラストを描いた本人にその権利は帰属すると考えて良いでしょう。

ですが、そのことを理解していない発注者の人も多く、「お金を払ったから」という理由で無断で二次使用をしたり改変したりされる恐れがあります。そのようなトラブルを防ぐためにも、問題のありそうな業者の場合は、仕事をしないほうが無難です。もしそれでも仕事をするならば、きっちりと契約を結ぶことをお奨めいたします。