イラストレーターの料金の相場と見積もり出し方「最低金額算出法」

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > イラストレーションの仕事 > イラストレーターの料金の相場と見積もり出し方「最低金額算出法」

イラストレーターの料金の相場と見積もり出し方「最低金額算出法」

イラストレーターの料金の相場ってのは、なかなかあってないようなものといわれますが、それでも出し方の一応の目安はあります。あまり安く仕事を請けていると業界の価格破壊にも繋がりますし、何より自分の首を絞めることになります。相応の料金は頂くようにしましょう。

まず、「最低金額算出方法」についてですが、一つの方法としては時給換算してみるという方法があります。発想・アイディアだしから仕上げまで、延べ10時間かかるとしたら、時給2000円とした場合、20,000円程度の提案をするのは、現実的な額だと思います。

ちなみに私は時給は5000円以上にしています。自分のイラストの価値を客観的に判断できるようになると良いでしょう。自分のイラストに市場価値があるのであれば、安い仕事を沢山請けるよりも、その時間を全て高い仕事に全力投球することに使う方が、クオリティの高い作品を作れますし、結果的に、収入も大きくなると思います。

イラストレーターのような個人事業主(フリーランス)や中小企業レベルの会社の経営者は、価格競争に巻き込まれると必ず死にます。断言します。価格競争に一番強いのは、大企業です。我々は、価格競争よりもクオリティ競争で戦う方が、実はかなり現実的なのです。そのためにも、腕をとにかく磨きましょう。

個人事業主(フリーランス)や中小企業がやってはいけない競争
・価格競争
・品揃え競争
・規模拡大競争

やったほうが良い競争
・クオリティ競争
・技術競争
・内容競争

以上は、いずれ詳しくやりたいと思います。とりあえず今回はイラストレーターのイラストの値段を決める際の「最低金額算出方法」について語ってみました。