イラストレーターの料金の相場と見積もり出し方「雑誌編」

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > イラストの料金の相場 > イラストレーターの料金の相場と見積もり出し方「雑誌編」

イラストレーターの料金の相場と見積もり出し方「雑誌編」

今回はイラストレーターの料金相場に関して、雑誌の仕事の事情をお話したいと思います。

雑誌の仕事の場合は、社内規定により、料金が決まっているところも多かったりします。はっきりと決まっていないところも勿論、あるわけですが、1ページあたりの編集コストは概ね決まっているわけですから、イラストレーションを使う歳の費用も、そこから割り出すことが出来るわけです。総予算は、1P30000〜150000程度のところが多いでしょう。

現在、編集費用が非常に余裕があるというような出版社・雑誌社は少ないと考えた方が良いでしょう。ページ間で予算調整をしているようなところも少なくありません。殆どの会社は、高いコストをかけてでも、クオリティの高いイラストを使いたいと考えるところより、なるべく予算をかけずにイラストを発注したいと考えている場合が多いと思います。

ですが、表紙のイラストや扉のイラストの場合は、ある程度コストをかけてでも良いイラスト、クオリティの高いイラストを求められている場合が多いです。表紙の出来というのは、ダイレクトに売り上げに響きますからね。あまりここで予算をケチると、ろくなことがないからです。

表紙の料金の相場は、5万円程度から60万円程度くらいまでと考えて良いでしょう。相当幅があります。当然探せばもっと高いところももっと安いところもあると思いますが、あまり安いところの仕事は請けないほうが良いでしょう。安い仕事ほど、レベルの低いトラブルが起こるものです。