雑誌のイラストの仕事の料金について

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > イラストの料金の相場 > 雑誌のイラストの仕事の料金について

雑誌のイラストの仕事の料金について

雑誌の仕事は、広告なんかと比べて、割と自由に描ける場合が多いです。しかし、料金は非常に安いですね。いろいろな方から料金について聞いていますが、カットイラストの場合ですと、数千円から、高くても3万円以下ですね。広告に比べたら相当安いです。某有名雑誌でページの割り当て予算が5万円程だと効いたことがありますので、そこからイラストの原稿料として捻出できる予算は、やはり上記くらいになるのでしょうね。上記の値段を上回る仕事を雑誌という媒体において得たいのであれば、トビラ絵か表紙イラストを描く仕事を取ってくるしかないでしょうね。

ですが、安い料金の仕事でも、ずっと請け続けていくことで、次第に信頼を得ていき、現在月50万以上の原稿料を頂いているイラストレーターの方もいることはいます。ですが、常に忙殺されています。そのような状況で月50万では、割りにあわないと私は思ってしまいますね。それ以前に身体が持たなくなるのでは?と思います。

雑誌の仕事をメインにするのは、上記のようなリスクがありますので、バランスよく広告やWEBのような比較的イラストの単価が高い仕事を請けていく必要があるでしょうね。

月収30万を稼ぐとした場合、1枚5000円のカットイラストを60枚描く必要があります。20日間働くとして、1日3枚ですね。ということで、雑誌の仕事で月30万を稼ごうと思った場合、1日に3枚のカットイラストを描ける程度のスピードで、1ヶ月に60点以上の仕事を発生させるレベルのクオリティのイラストを描ける必要があるということです。勿論仕事を発生させる能力というのはクオリティのみではなく、営業力などの総合的な力もありますね。