人体デッサン

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > デッサン > 人体デッサン

人体デッサン

人体デッサンは、私は一時期、かなり徹底的に学びました。勿論私より上手い人なんていくらでもいるとは思いますが・・。私の知っている範囲でですが、人体デッサンについて語ろうと思います。

人体デッサンは、静物デッサンと比べて、元もとのセンスや画力なんかで、とても個人差があるというのが私の感想です。上手い人は最初から結構上手いですが、下手な人は、練習してもなかなか上手くならなかったりします。

しかし、下手な人でも、ある段階で急に伸びたりするのが人体デッサンです。そのコツを掴むまでが人によってかなり差があるようですが、私の知る限り、1年間に200枚程度の人体デッサンを積めば、下手な人でもある程度のレベルまで行くことは可能だと思います。

人体デッサンは、追求すればきりがない程奥が深いですが、イラストレーターになるために必要な人体デッサン力としては、やはり200枚程度が一つの目安になると思います。

ですが、ただ闇雲に描くよりも、ちゃんとした先生に指導していただくのが一番です。自分ひとりでは中々気づかないことも多いですからね。形がとれることは勿論、身体の内部構造をしっかりと把握し、見えてない部分も意識できるか否かというのは非常に大事になってきます。また、色彩に関しても、肌の質感を出すのは、数あるモチーフの中でもトップクラスに難しいです。何も指導されてない人が描く人体の肌の質感は、特にカラーにすると、どうしても蝋人形やマネキンみたいになってしまうんですね。その辺も、しっかり人体を観察すること、そして肌に見えるように描くコツのようなものもあるので、その当たりもちゃんとした先生から学ぶことをお奨めいたします。