デッサンに使っている鉛筆

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > デッサン > デッサンに使っている鉛筆

デッサンに使っている鉛筆

鉛筆というのは、私たちにとって、最も身近な描くための道具ですよね。非常に表現力の幅の広い画材であり、絵を学び始める時も、多くの場合この鉛筆という画材から入ることは多いと思います。今回は、鉛筆デッサンについて、語ってみたいと思います。

とりあえず、私が使っている画材を御紹介いたします。最も主力として使っているのは、三菱鉛筆のHi-Uniです。主にF、4H〜6Bまで使っています。ちなみにイラストの輪郭線を清書する時はFかHBかBあたりが良いですね。柔らかくて、温かみのある線が描けますので、重宝しています。色はやや赤みがかった感じになります。一つしたのクラスのUniでも特にそれ程違いは無いと思います。ただ、Hi-Uniよりちょっと折れやすいかな?

そして、補助的に使っているのは、ステッドラーです。こちらは製図などに用いられることが多いため、芯が固めです。細くて固い線を引きたい場合に使っています。やや青みがかった仕上がりになりますね。これも4H〜6Bまで使っています。

ちなみに真の固さとしては、4Hが最も固く、6Bが最も柔らかいです。Fは、HとHBの間の固さとなります。

主に上記を使っています。どこの画材店でも手に入るポピュラーなものですし、値段もそれ程高いものではありませんから、入門用として取り揃えておくことをお奨めいたします。それほどこだわりが無いのであれば、Uniあたりで十分だと思います。