イラストの料金(ギャランティ)の交渉について

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > イラストレーションの仕事 > イラストの料金(ギャランティ)の交渉について

イラストの料金(ギャランティ)の交渉について

日本のイラストやクリエイティブ業界では、最初に契約を交わす習慣も徹底されておらず、料金に関しては、わりと曖昧なまま仕事が進むことは少なくありません。中には、「お金の話ばかりするな!」なんて怒り出すアホなクライアントもいたりします。というか実際いました。そのようなところは放置するにしても、ビジネスとしてやっているわけですから、ギャランティの交渉はしっかりと事前に行っておきたいものです。ギャラに関するトラブルが、これだけでも8割がた防げると思いますね。

まず、基本としては、依頼があった時点でギャランティ(料金)のお話はした方が良いでしょう。ですが、答えてもらえないことも多いです。そのようなところは、レベルの低いトラブルが発生することもあります。しっかりと見極めていい加減なところとは、仕事はしないようにした方が良いでしょう。クライアントに媚びすぎてもろくなことはありません。

勿論、お互い信頼関係が出来上がっている場合は、料金の話を最初にしない場合もあります。そのような場合は、しっかりとしたギャラをこの人なら用意してくれているとこちらも信頼しているので出来ますが、初めてのクライアントの場合は恐れずに料金について事前に確認をとっておくと無用なトラブルが回避できます。別に悪いことをしているわけではないので、堂々と料金については最初に確認をとり、必要ならば見積を出してあげましょう。見積もりを出すように言われたら、その場でなくても「計算して明日までに出します」というように言っても良いでしょう。ですが、早めに出すことをオススメします。