キャラクターデザイン(イラスト)で仕事をとる

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > イラストレーションの仕事 > キャラクターデザイン(イラスト)で仕事をとる

キャラクターデザイン(イラスト)で仕事をとる

キャラクターデザインにも沢山あります。自分でオリジナルのキャラクターを1から考えて、それを売り込む場合もあれば、企業から頼まれてから、企業のコンセプトやイメージからキャラクターを生み出すという場合も含めて。キャラクタービジネスは、日本では特に盛んですし、単価も非常に高い世界ですし、契約の方法によっては一度描いたキャラクターが半永久的にお金を生み出してくれるような状況を作ることも可能になりますので、非常に魅力的な世界ですね。しかし、同時に日本にはキャラクターを描くのが大好きな絵描きが凄く多くて、競争率がとても激しいのが現状です。そして、やはり大きな仕事が回ってくるのは一部の人気イラストレーター、キャラクターデザイナーであるのが現状ですね。

とりあえず、今回は、自分でオリジナルのキャラクターを作って、そのキャラクターでビジネスを行う方法を考えていきましょう。この手のキャラクタービジネスにおいて、難しいのはキャラクター自身の認知度が前提となって依頼がくるということです。ですから、まずは自分自身のキャラクターやその世界観を認知してもらうことからはじめなければなりません。

そのために誰でもできるアプローチの仕方としては、キャラクターのグッズ(ポストカード、ポスター、缶バッジetc)や絵本、漫画などを制作し、デザインフェスタなんかのアートイベントに出品することだと思います。これにより、認知度を少しずつ上げていくと良いでしょう。そういったアートイベントの方には、才能のあるクリエイターを発掘しようと、発注側の人間も沢山きていますからね。

ただ、この世界は非常に厳しい世界ですから、これだけで食っていこうとするのは相当の覚悟と努力と才能が必要であるということだけは頭に叩き込んでおくといいでしょう。