イラストレーションの季節毎の売り込み戦略

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > イラストレーションの仕事 > イラストレーションの季節毎の売り込み戦略

イラストレーションの季節毎の売り込み戦略

実際にイラストレーションに関して、売り込みをする時には、季節ごとに戦略を立てるのも良いでしょう。今回お話しするのは、ほんの一例ではありますが。

まず最初にターゲットを絞るわけですが、例えば子供向けの雑誌やらファッション関係の雑誌やらと。

そして売り込みをするのに良い季節として10月があげられます。ですから、そのための準備を今しておくと言うのはどうでしょうか。10月となると、出版関係は1年で最も忙しい時期にぶつかる手前となっています。年末号及び新年号の企画は、11月には決めないといけないからですね。12月の20日以降となると、多くの印刷会社は新年7日くらいまで休みを取るところが多くなるので、この時期には2号まとめて作ることになるようです。そこを見越すのですね。11月に入ってしまうと、各出版社は忙しさのあまり、きちんと相手にしてくれることは少なくなってしまうでしょうから、10月のうちに、冬の季節の作品を売り込むということになります。その場で気に入られたら、即仕事ということになる可能性も十分ありますから。

プロの仕事において、季節感はワンシーズン先取りしておかないと話になりません。夏には秋、秋には冬、冬には春・・といった具合に数ヶ月先のイラストを描いている場合が大半です。

そこで、冬の売り込みに使えそうな、ぼんやりした雰囲気の絵を描く方法です。水彩絵の具のまだ乾いてない状態の画面に岩塩を細かく粉にしてまいてみましょう。塩が水と色を吸い込んでいくので、ぼんやりとした感じの雪が降っている状態になります。とても簡単ですので、お試しあれ。水彩絵の具でなくても、アクリル絵の具等、水で溶いて使う絵の具ならば全般的に使える方法です。

あとは、アイディアしだいで色々と展開が可能です。企画力しだいではすぐに商品になる可能性の高いものも作れると思いますよ。最初は小さなカットイラストの仕事であったとしても、一度仕事を請けるという関係を結ぶことが出来れば、後に繋がっていく可能性は高いです。リピートという形もあれば、紹介という形で別のクライアントとも繋がる可能性もあります。ですから、毎回最高の作品を目指して頑張りましょう。