企業のイメージキャラクターの仕事

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > イラストレーションの仕事 > 企業のイメージキャラクターの仕事

企業のイメージキャラクターの仕事

キャラクタービジネスの1つとして、企業のイメージキャラクターの仕事があります。これは、企業のイメージや意向を反映されたキャラクターを作るということで、自分の作家性を全面に押し出した絵柄で勝負したい人は、必ずしもその創作意欲を満たす仕事ではない場合もあります。しかし、企業にとっても喜ばれますし、自分のキャラクターが企業の顔となって命が吹き込まれるとのは、イラストレーターとしても大きな喜びが得られる魅力的な仕事だと思います。

また、ギャランティという面でも、かなり大きな仕事になることが多いです。版権買取となる場合も多いのですが、その場合は制作量の8倍くらいが相場ですので、50万〜の仕事となります。また、グッズ販売等は、版権を買い取っても別となる契約が普通ですので、さらなる収入の柱になってくれる場合もあります。期間を決めての契約となる場合もあり、継続して使ってもらえれば継続収入にも繋がって行きます。

キャラクタービジネスとして考えた場合は旨みのあるジャンルと言えるでしょう。しかし、こういった相場を理解していないクライアントが多いのも事実です。3万円程度で著作権まで渡せと言ってくるようなところも地方ではあったりします。それでもやってしまう人もいるでしょうが、業界の相場が荒れる原因にもなりますし、それ以前に自分のイラストを安売りすることは良い結果を生まないことが多いので、お断りするほうが良いと私は思ってます。自分を安売りして中途半端なクオリティのものを量産するよりも、高いクオリティの作品を作れる実力をつけた上で、より高いレベルのクライアントから求められるイラストレーターになれるように努力されるのが良いでしょう。業界全体の健全化にも繋がります。個人でやっている人は、絶対に価格競争に飲み込まれないように、クオリティ勝負に徹してください。でないと、業界がつぶれる前に自分がつぶれます。