アニメーションの仕事と業界の就職事情

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > イラストレーションの仕事 > アニメーションの仕事と業界の就職事情

アニメーションの仕事と業界の就職事情

アニメーションの仕事は、なかなか厳しい世界ですよ。私もアニメーション業界にかかわりが多少なりともありますが、かなり給料的にも厳しいものがありますね。私の学生時代の知人でアニメーターの卵の人からの情報も加味し、アニメーションの仕事現場のお話を少ししてみます。

まず、アニメーションの業界の基本的なスタイルとしては、完全なる分業制が採用されているということです。1つのカットを制作するのに、様々な分野の人間が協力し合って作り上げるということです。

そこで、アニメ業界に就職したいと考えている人たちが、すぐにでも就けるポジションをあげてみます。この業界に就職を果たしたい方は、どのポジションに付きたいかしっかり意識して技術を磨くなり勉強するなりするといいでしょう。

また、イラストレーターも、自分でなければ出来ない分野以外は外注化してしまうのが良いと個人的には思っています。FLASHアニメーションの需要が高まってる昨今において、このアニメーションのスピード重視で徹底的に効率化された分業体制は、イラストレーション制作の現場でも学ぶところ、取り入れられそうなところは沢山あると思っていますので、その面でも参考にされると良いと思います。

・制作進行
これは免許が必要なポジションです。ほぼ全てのセクションとかかわりを持つポジションとなります。1話につき、一人が担当するのが普通です。固定給となります。

・動画マン
原画マンが描いた下絵をクリンナップという手法で清書します。また、原画と原画の間の動きとなる絵を補完して、一連の動きを完成させる人となります。実際にテレビや映画などの画面に使われているのは、この動画マンが描いた絵となります。一般的には新人が担当するポジションとなります。

・仕上げ
動画マンが描いた絵に着彩を施す人のことです。現在は殆どのところがデジタルによる仕上げを行ってます。工程としては最後のほうのポジションとなりますので、忙しい時と暇な時の差が激しいポジションです。殆どが女性です。給料の形態は、出来高制であったり固定給であったりと、会社によって異なるようです。

・背景
原画マンのレイアウトを元に背景を仕上げる担当です。かなり細かい仕事を求められたりするため、画力の高い人が沢山いますね。こちらも、給料の形態は、出来高制であったり固定給であったりと、会社によって異なるようです。

・3DCG
アニメの中で使われる3DCGを担当します。2Dで表現するのが難しい箇所は、3Dで作る等いうのが現場の常識になりつつありますが、2Dでの作画が難しい絵は、3Dでやってもやっぱり難しいというジレンマもあるようです。

以上、アニメーション業界に就職を考えている人は、このあたりの事情と、各ポジションの役割を知っておくと、効率的に勉強や就職活動がしやすくなると思います。