ゲーム会社への就職

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > ゲーム業界関連 > ゲーム会社への就職

ゲーム会社への就職

絵を描く仕事として、イラストレーターやアニメーター以外にも代表的な職業があります。それがゲームクリエイターですね。ゲームクリエイターになるためには、かなりの難関を潜り抜けないといけません。特に絵を描くポジションは競争率が激しいと思っていいでしょう。難関の美大・芸大出身者で鬼のような画力を持った人がうようよといる中で勝ち抜いていかなくてはなりません。デッサン力は非常に高いレベルを要求されると思って良いでしょう。

多くのゲーム会社では、高いレベルのデッサン作品を見せないと、自分の作品のポートフォリオすらも見てもらえなかったりします。そのような難関を潜り抜けた精鋭がゲーム会社で働く絵描きです。

また、ゲームの制作会社は、大手のところだと、かなり細かいレベルでの分業制が敷かれていたりします。ただひたすら雲を描いたりといった風に一つのパートの仕事の範囲が非常に狭く、そのためそれぞれのエキスパートが育つわけですが、描くほうとしては面白みがないという意見も聞きます。

一方で、割と小さなゲーム会社ですと、色々な絵を描けますし、実力が認められれば、キャラクターのデザインといったかなりやりがいのあるポジションにつける可能性もあります。そういう意味で、小さなゲーム会社の方が遣り甲斐を感じられるかもしれませんね。実際、私の知り合いは、大手のゲーム会社2社に内定が決まりましたが、それを蹴って小さな制作会社に就職した人がいたりします。すごく忙しいけどとても遣り甲斐を感じて仕事をしているようです。