イラストレーターを志望したきっかけ

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > 好きなイラストレーター > イラストレーターを志望したきっかけ

イラストレーターを志望したきっかけ

今回は息抜きの意味も込めて、私の好きなイラストレーターの方をご紹介いたします。私は一番最初に絵を描いたのは、図鑑の絵を見てだと思います。動物図鑑や海の生き物の図鑑などを見て、よく動物の絵を描いていたのですが、特に沢山描いたのはトラやチーター、ジャガー、犬、馬ですね。このあたりを特に沢山描いていました。保育園でもらったスケッチブックのような自由画帳には、ほぼすべて馬の絵だったりしたこともあります。動物って、やっぱりモチーフとして魅力的な題材ですよね。このころから、自分は絵が好きだと思い始めたのだと思います。

そして、次は漫画の登場ですね。漫画家の絵に感銘を受けました。そして私が子供のころに流行っていたのが鳥山明さんのドラゴンボールですが、僕は鳥山明さんの影響をもろに受けて、ドラゴンボールの絵ばかり描いていましたね。その後、ドラゴンボールが好きということで、DrSLUMPも全巻集めて読んでみましたが、発想の面白さと絵の上手さにまたまた感銘を受けました。あとは、鳥山明さんがキャラクターデザインをしているドラゴンクエストのイラストも描きまくりましたね。鳥山明さんの絵は今でも大好きで、画集も持っていますし、最近のゲームで鳥山明さんがキャラクターデザインをしているものがあったら、ゲームはやらなくてもキャラクターの絵が載っている攻略本なんかを買っちゃいますね。

大学の頃に描いた絵は鳥山明さんにもろに影響を受けていたのがバレバレです。小学校から大学まで、ずっと鳥山明さんの虜でしたね。その後、ノーマンロックウェルなんかに入ってきますが、鳥山明さんのイラストは今でも大好きで何度も見てしまいます。

以上、またこの続きや、好きなイラストレーターや画家の話はゆっくり別の機会に書いてみます。