イラストレーションの専門学校

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > 学校・教室・スクール情報 > イラストレーションの専門学校

イラストレーションの専門学校

イラストレーションを学ぶ上で、専門学校に通う方が良いのか?という質問を、私はよく受けるようになりました。それに関して私の意見を述べてみたいと思います。

まず、私は、学校に通うという点では、結構賛成派です。絵描きの人は、独学でも良いという人も多いと思いますが、私は、特にデッサンは、必ずできる人に見てもらうべきだと思う派です。勿論例外はあると思います。デッサンなんかやらなくても魅力的な絵を描く人もいますし。ですが、デッサンをやったら、必ず見えてくるものがありますし、それは、単純な画力だけの問題ではなく、自分の絵や感性の幅を広げてくれます。

デッサンに限らず、絵というのは、他人から学ぶことって多いです。絵だけじゃないですけどね。そして、イラストの場合、とりあえず現場に潜って下積みというのがちょっと難しい分野でもあると個人的には思ってます。デザイン会社や広告代理店に潜り込んで、業界のことを知ることは確かに出来ます。ですが、殆ど絵を描けなかったりします。それならば、自分の好きな絵をひたすら描く期間が人生のうちで2年くらいあった方が余程いい経験になりますよね。それを専門がこうで過ごすというのも良いと思います。

ただ、専門学校の場合、やる気のない人も沢山入ってきます。ですが、必ず、クラスに何人かは、凄まじい勢いで描いてる人がいたりします。そのような人とは積極的に友達になりましょう。人生における財産になります。

独学だと、そういった刺激を受ける機会が少なかったりしますからね。また、絵に限らず、こういった学校という形態の方が、技能を身につけやすいというのは各種データに裏付けられていることですが、その理由はやはり、こういったやる気のある人どうしで刺激し合えるからだと思いますね。