ピカソのデッサン

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > デッサン > ピカソのデッサン

ピカソのデッサン

ピカソのデッサンを見たことはありますか?ピカソ10歳のデッサンで、既に凄まじいデッサン力を持っていてビックリしました。ピカソは、晩年に認められた画家で、晩年の作品がよく知られています。ですが、初期の頃の絵もかなり凄いです。と言っても、晩年の絵とはかなり違いますね。晩年の作品は、ゲルニカに代表されるように、凄く奇抜な絵なのですが、初期のころはとても「上手い」絵を描いてました。「上手い」とカッコでくくったのは、所謂デッサン力のある絵という意味で「上手い」ということだからです。とにかくめちゃめちゃ凄いデッサン力を身に付けた上で、晩年の奇抜な絵を描いていたということですね。晩年の絵だけ見たら、ピカソは絵が下手だと思う人もいるかもしれませんが、実は全然そんなことは一切ないわけです。

ただ、だからと言ってピカソの晩年の絵がデッサン力があったからこそ描けたものだと言えないのかもしれませんね。その辺のことは、私はよくわからないんですよね。「ピカソが昔デッサン力があった」という事実と、「ピカソが現在、典型的なデッサン力のある絵を描いていない」という事実があると、人間はつい、その二つを因果関係で結んでしまいがちですが、実際には因果関係があるかどうかは、別の根拠が必要になるわけです。ただ、デッサンをする過程で身につけた画力以上に観察力・洞察力というのは一役買っていることは間違いなさそうに思います。そして、晩年の絵も、デッサン力があるからこそ出来る技術がちりばめられていると見る向きもあるようですが、私にはよく分かりませんね。

ま、その辺のピカソの絵の考察は専門家に任せておくとして、とりあえず絵描きを志す者は、ピカソのデッサンを一度見ておきましょう。凄く勉強になりますし、単純に面白いですよ。あのピカソが・・・って感じで。