デジタル編

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > デジタル編
メニュー:デジタル編:目次
  • イラストレーションのフリーソフト
  • MacかWindowsか?イラストレーションに相応しいOS

イラストレーションのフリーソフト

イラストレーションを描くためのフリーソフトは現在、高機能なものが多数出ています。今回はそれについていくつかご紹介しようと思います。

まず、最も有名であろうフリーのグラフィックエディタとしては、丸岡勇夫氏制作の「Pixia」でしょう。豊富なフィルタと多段階のアンヅゥ機能を備えており、またペン先も編集可能で、独自のブラシを作ることが出来ます。そして、当然ながらタブレットの筆圧感知にも対応しているので、タブレット使いにもお勧めできます。操作性も、Photoshopと似ている部分も多く、Photoshopに移行する前段階のソフトとしても十分使えるでしょう。

あと、「PictBeer」も素晴らしいソフトです。操作性はPhotoshopに近く、インターフェイス的にも直観的な操作が可能なように工夫されています。レイヤー機能は枚数無制限となっており、乗算やオーバーレイといったレイヤーの合成機能もしっかりと備えられていて、フリーソフトとは思えないほどの機能の充実振りです。デメリットとしては複数の画像を一度に編集できないという点でしょうか。しかし、それ以外は非の打ちどころの無い素晴らしいフリーのグラフィックエディタです。

最後に、フルカラーではなく256色のグラフィックエディタをご紹介します。ウェブ制作においてイラストの需要が高くなってきており、その中でもドット絵が見直されつつあります。そのドット絵を描く場合、Photoshop等の高価で高機能なソフトよりも、はるかに使いやすいでしょう(というよりPhotoshopでドット絵を描くのはかなり厳しい)。256色専用とは言え、レイヤ機能も備えており、機能は本格的です。操作性は独自のものですが、慣れたら本当にかなり使いやすくて、ドットを一つ一つ操って描く場合は最も重宝するのではないかと思います。ドット絵を描きたい人には、文句なしでお勧めです。

MacかWindowsか?イラストレーションに相応しいOS

現在、イラストレーターとして仕事をすると考えた場合、余程特殊技能をお持ちでない限りは、デジタルソフトを使いこなすことは、最早当たり前とされています。

殆ど全てのクライアントはデジタル納品でお願いしてくるでしょう。ですから、イラストレーターになるにあたっては、デジタルを使いこなせるようになることは、一部の例外を除いて、必須技能と言えると思います。

ハードウェアに関しては、MacintoshとWindows、どちらを選べばいいか悩む人も多いようです。以前は、クリエイティブ業界ではMacintosh(通称:Mac)が主流でしたが、現在では、MacとWinどちらでも殆ど大差はないです。印刷業界ではまだややMacが主流ですが、Windowsで作ったデータでも殆どの場合納品可能ですから、Windowsを使っていても問題は無いでしょう。

逆にWeb業界においてはWindowsの方が主流となっています。それはWEB業界の特徴を少し考えれば分かることで、WEBを閲覧しているユーザーの9割以上はWINDOWSであることが大きいと言えます。

あと、3DCGにおいても、WINDOWSが主流であり、Macでは使えないソフトも多いです。

上記のような業界の事情を考慮された上で、WindowsにするかMacにするか考えると良いでしょう。

イラスト&CG - livedoor Blog 共通テーマ