Photoshop TIPS

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > Photoshop TIPS
メニュー:Photoshop TIPS:目次
  • グレースケールからセピア調の色の出し方 Photoshop Tips
  • Photoshopによる金属の質感の出し方

グレースケールからセピア調の色の出し方 Photoshop Tips

白黒写真のようなものから、色調補正によりセピア調の色に変更するTIPSを今回は開設いたします。但し、元々カラーの画像をセピアにする方が画像の劣化が少ないので、カラーの元画像を持っている人は、そちらからやることをお奨めいたします。

では、以下に手順を示します。

1)スキャニングされたグレースケールの画像と同じピクセルサイズでCMYKの新規画像を作ります。

2)グレースケールの画像を全て選択し、クリップボードにコピーします。

3)CMYKの新規ファイルを選択、チャンネルパレットで「Kチャンネル」を選択し、クリップボードの画像をコピーします。
これでグレースケールと同じ階調の画像がスミ版にできます。
(グレースケールをCMYKモードに変換すると全てのチャンネルに少しずつ色分布してしまい、元のグレースケールより階調が眠くなりがちなのでこの方法です)

4)CMYKファイルに新規レイヤーを作り、全体をセピア調の色で塗りつぶします。(これは印刷屋さんと同じ)
レイヤーの合成モードを「通常」ではなく「乗算」にしてみてください。通常のままで透明度で調整するよりも階調のある画像になると思います。上のレイヤーに塗った色とのバランスをとるなら透明度を調節してみてください。

レイヤーの合成モードが「乗算」ではうまくない場合は「オーバーレイ」や「スクリーン」、「色相」などで試してみてください。これらを色々と変化させると、セピア調ではなくとも結構面白い雰囲気の画像に仕上げることも出来たりして面白いですよ^^

また、別のやり方として、ダブルトーンを使う方法もあります。プルダウンメニューのイメージからダブルト−ンを選んで1版を選び、好みの色を選びます。コレの方が簡単ですね。

Photoshopによる金属の質感の出し方

金属の質感というのは、絵を描く際には結構重宝します。

ちょっとリアル目のイラストを描くときは勿論ですが、3DCGでも使える技術です。

そこで、Photoshopを使ったTipsとして、金属の質感の出し方をご紹介致します。もっと簡単な方法もあるかもしれませんが、とりあえず私がどこかの掲示板で教わったやり方です。

金属の質感といっても様々な種類の金属があるわけですが、今回ご紹介するのは、最も一般的なタイプの全体的に経カミヘアラインの入ったような金属の質感の出し方となっています。

1.新規作成で適当なサイズのグレースケール画像を作ります。

2.フィルタ→ノイズを加えるで全体的にノイズを加えます。ノイズの量は、最大に近いくらいいの範囲で結構だと思います。

3.フィルタ→ぼかし(移動)で、水平あるいは垂直にぼかしをかけます。
移動量に関しては、プレビューをONにした状態で、見た目で調整してください。
だいたい50〜150かと思います。

4.ぼかし(移動)をかけた両端は、中央部分と掛かり方が異なってくるので、不要部分をトリミングする。

5.ファイルをRGBモードに変換し、ひとつ上にレイヤーを作り青系統の色で塗りつぶしたものを、レイヤーの合成モードで乗算や色相などのモードで切り替えて載せれば、青っぽい質感の金属の出来上がり。