地方イラストレーター

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > 地方イラストレーター
メニュー:地方イラストレーター:目次
  • 地方イラストレーターが全国で稼ぐ方法

地方イラストレーターが全国で稼ぐ方法

少し前と比べたら、改善の方向に向かっているとはいうものの、日本のイラストレーションの世界の事情は、関東圏に一極集中している状況と考えて良いでしょう。関東の仕事量は関西の5倍とも言われてますね。地方の人の中にも才能がある人は沢山いるはずでし、この状況はあまり好ましくないと言えます。こんな中で、地方のイラストレーターが関東圏でも戦える方法・あるいは地方での仕事をしっかりとこなし、関東圏のイラストレーターと同じレベルで稼ぐ方法を考えていこうと思います。

まず、地方のイラストレーターの仕事として、最もポピュラーなのが、地元のカタログ関連のイラストの仕事だと思います。特に行政関連の仕事は結構多いですし、割とギャラも高めなところが多かったりします。市役所内の広報課や企画課に積極的に持込を行ってみると良いでしょう。観光案内のためのイラストマップなんかは、非常に需要が高いです。地元紹介にまつわるカットイラストなんかも喉から手が出るほど欲しがっていたりします。ですから、そういったサンプルイラストをファイリングしておくと良いでしょう。

また、インターネット経由で関東圏の仕事をとることも、地方イラストレーターは必須事項として出来るようになっておくと良いでしょう。そのためにはWEBサイトを持っておくのは最低限必要となります。私は、現在10割近くがこのインターネット経由の仕事です。上手くいけば、営業を一切せずに「ほったらかし」で仕事が舞い込んできますので、しっかりとクオリティの高いイラストを作っていき、WEBサイトも作りこんでいけば、営業活動に時間を割かれず、イラストレーション制作のみに、クオリティ追求のみに専念できる環境が出来ます。

また、インターネットで仕事が取れる状況ということで思い切って海外の仕事に挑戦してみるのも良いでしょう。言葉の壁は勉強でなんとか頑張っていきましょう。これからの時代、イラストレーションに限らず、語学が堪能であると、仕事の幅が格段に広がります。