美大・芸大受験に関する情報

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > 美大・芸大受験に関する情報
メニュー:美大・芸大受験に関する情報:目次
  • 美大・芸大受験

美大・芸大受験

イラストレーターになりたい高校生の方、またそれ以外でも、画家やアニメーター、絵本作家、漫画家等、絵を描く職業につきたい高校生〜20歳くらいの方に、進路相談をされたら、私は迷わず美大・芸大受験をオススメすると思います。まず、「学校」という環境で、同じ目的の仲間・ライバルがいる状況でお互い高めながら学ぶという環境が、最も人間を成長させるというのは、私の個人的な経験ばかりでなく、各種データにも裏打ちされているからです。そして、どうせ行くなら、レベルの高い、意識の高い人が集まる学校を選ぶのが最も良いと考えています。そして、大学というのは、単純に楽しいところです。大学というと遊びに行くところだと思っている人がいるかもしれません。実際に、勉強そっちのけで遊びまくっている人もいるでしょう。ですが、美大のような目的意識がはっきりした人が集まる大学は、遊びも勿論やりますが、それ以上に絵に対して真摯に取り組んでいる人が多いと感じています。過酷な受験を経験してまで入りたかった大学ですから、そういう人が多いことは頷けますね。専門学校や専修学校でも勿論良いのですが、正直、行くところがなかったから取り合えず来たというような意識の低い学生も多かったりします。専門学校の多くは卒業時の人数が入学時の半分以下になるところもそれ程めずらしくありません。勿論、残った人はそれなりに意識が高い人でしょうし、目的意識が高い人もいると思うので専門学校でもやる気があれば、きっと素晴らしい絵描きになれると思います。余程、その専門学校でしか教えていないような事があって、その専門学校で無いといけないという強烈な目的意識があって専門学校にいくのならば、私も応援します。ですが、そういった特別な事情が無い限り、やる気がある人ならば、美大受験をオススメしますね。