アニメーションの仕事

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > アニメーションの仕事
メニュー:アニメーションの仕事:目次
  • アニメーション制作に必要な道具

アニメーション制作に必要な道具

アニメーションの現場で使われている道具を御紹介いたします。アニメーション業界はスピード重視で徹底的に合理化されていますので、その道具選びもなかなかシビアで、イラストレーション制作の現場にも取り入れたいですね。私も取り入れています。

・鉛筆
鉛筆はステッドラーやユニがありますが、アニメ業界では、やや固めのものが好んで使われる傾向にあります。ユニであればH、ステッドラーであればHBあたりでしょうか。ステッドラーはユニより固めです。製図用なので硬質な線が引けますね。シャーペンよりも、トントンに細く削った鉛筆の方が細い線が描けます。また線も生きてきます。ですから、シャーペンよりも鉛筆をオススメします。特に、クリンナップという下書きを清書する作業には、鉛筆を使うことをオススメしますね。

・製図用の伝道鉛筆削り
固くて細い線を求められる製図用なだけあり、かなり鉛筆を細く尖らせることが出来ます。5000円くらいで買えますが、作業の効率化を考えると持っておいて損は無いでしょう。

・デジタルカメラ
資料を書籍として購入するのには限界があります。描けないものは、カメラで好きな角度からパシャパシャと撮影しましょう。普段から持ち歩いておくと良いでしょう。デジタルカメラですと最近のものは性能がよく、素人でもそれなりにピンボケのない鮮明な写真を撮ることが可能となります。

・トレース台
アニメーション制作においては必須の道具と言えます。背景と人物を分けて描く時や、下絵の清書、パースを描く時等、これがあると非常に便利になります。詳しくは別のエントリーでトレース台については語っています。イラストレーションの製作現場でもこれがあるとかなり作業の効率化になりますので、お勧めいたします。

他にもありますが、「描く」ということに特化すると以上のものがあるとかなり便利ですよ。