クリエイティブ業界への就職

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > クリエイティブ業界への就職
メニュー:クリエイティブ業界への就職:目次
  • ゲームクリエイターの給料
  • ゲーム会社のアルバイト
  • ゲーム会社の求人(中小企業の場合)
  • ゲーム会社の求人(大手企業の場合)
  • イラストレーターになりたいのであれば・・・
  • アニメーションの仕事と業界の就職事情

ゲームクリエイターの給料

イラストレーションを描くのが好きな人の中には、ゲームクリエイターとして働きたいとお考えの人もいると思います。今回は、そんな方が気になることの一つとして、ゲームクリエイターの給料がいったいどのくらいなのか、お話したいと思います。

ゲーム業界は一時期の大ブームほどではないにしろ、最近では大人から子どもまで幅広くゲームを楽しむ文化が確立しつつあるので、ゲーム業界は比較的安定しているようです。給料も凄く高いようなイメージがあると思います。実際、凄く貰っている人も沢山います。

ですが、私の昔のイラストレーター仲間で現在ゲームクリエイターとして働いている知人の話によりますと、ゲーム会社で働く殆どの人は「儲からない仕事だ」と感じてるのだと言います。大企業ならばまだしも、中小企業の場合ですと、年収が200万円以下の人も沢山いるようです。残業代も払ってもらえず、過酷な環境の下で仕事をしている人も沢山います。

そういった意味で、給料的な面で、ゲーム業界を志望すると落胆してしまうかもしれません。給料面で期待はしない方が良いのでしょうね。そんな過酷な状況の中でもゲーム作りや絵を描く喜びを味わえることができれば耐えられるというような考えの持ち主の方ならば、目指しても良いと思います。

ただ、実際にその業界で有名になるほどの実力の持ち主となれば、ギャラもやはり破格になります。有名なキャラクターデザイナーやイラストレーターになって、給料面でも頂点を目指すという考え方も良いと思います。ですが、最初から大きな給料を期待はしない方が良いということですね。

ゲーム会社のアルバイト

ゲーム会社では、アルバイトで飛び込むことも可能です。アルバイトから入って、正社員に雇用されるということもあるようです。しかし、それは稀なケースであって、実際には正社員に雇用するための人材をアルバイトとして募集することは殆どないと考えて良いでしょう。それよりもゲームを完成させるために都合の良い使い捨ての人材として使っていると考えても良い様な場合もあります。

ですが、それであっても、ゲーム業界を経験することは、将来ゲームクリエイターになりたい人にとっては、非常に貴重な経験となります。ですから、アルバイトとしてゲーム業界にまずは飛び込んでみるというのも、十分に選択肢として考慮に入れておく価値はあります。

但し、自分はゲーム関係のイラストレーターとかキャラクターデザイナーといった、グラフィック制作の現場志望であるにもかかわらず、そうでない仕事をしなければならない場合も多く、あまり、そこに時間を割きすぎて、イラストレーターやキャラクターデザイナーになるためのスキルを磨く時間を奪われるのは良くありません。ですから、アルバイトとしてゲーム業界に飛び込むのはありだとは思いますが、あまりにものめりこみすぎて本来自分がやりたいことを見失わないように注意したいものです。

当サイトに訪れた方は、ゲーム業界の中でも、特に絵を描くポジションに就きたい人が大半だと思います。ですから、一番はそこで求められるスキルや能力を磨くことを、学生時代は重点を置いてすごすべきです。当然、絵を描くだけでなく、沢山「遊び」を経験し、遊ぶことの感性を磨くことこそ、遊び道具としてのゲームの製作者としても好ましいことだと思います。絵を描くのは当然として、絵を描く以外の様々な「感動」の経験を学生時代のうちに積んでおくことをオススメします。

ゲーム会社の求人(中小企業の場合)

ゲーム会社の求人に関して、今回は中小企業のゲーム会社について述べたいと思います。大手のゲーム会社は学歴もある程度審査対象に入っていましたが、中小企業の場合は、学歴に関してはあまり重要視されていない場合が多いです。それは、人を育てるよりも、即戦力になってくれるクリエイターを求めているからでしょう。

そのため、作品も、基礎デッサン力だけでなく、ソフトが使えるか、即戦力としてのグラフィックを制作できる能力があるかを重視して見られるようです。

採用試験も、段階を踏まず、最初から面接になる場合も多いです。また、中小企業は、「通年採用制」という制度を設けているところが結構あります。これは、年中求人を行っているということです。そのため、いつでも応募できるのです。この場合、ダイレクトに作品のクオリティを見られるので、それなりのものを用意しておかなくてはなりません。

また、このように通年採用制で求人をしているということは裏を返せば、年中人が辞めていくと考えても良いかもしれません。それ程、過酷な現場であるという覚悟は必要になります。ゲーム会社というのは、労働環境が苛酷であることでも有名ですし、中小企業となると特にその傾向が強くなります。そのあたりも考慮にいれて、就職を考えるといいでしょう。

但し、大手と違って、割と重要なポジションを早いうちに任されることも多く、遣り甲斐は感じられると思います。即戦力として働ける自信のある人、またゲームのイラストやキャラクターデザインをやりたい人は、是非とも挑戦してみると良いでしょう。

ゲーム会社の求人(大手企業の場合)

ゲーム会社への就職を考えている方は、ゲーム関係の求人をお探しだと思いますが、中小企業のゲーム会社と大手のゲーム会社では採用条件がかなり異なります。そのあたりを述べたいと思います。イラストレーター的な仕事の話になりますが、他のポジションでも共通する部分はあると思います。

まず、大手のゲーム会社は学歴を割と重視しているところがあったりします。特にグラフィック担当の場合は、一流の美大・芸大を出ている人がどうしても有利になると思います。実際、彼らは相当のデッサン力を持っていますから、単に肩書きが優れているだけでなく、実際に優れた人材である可能性が高く、そこを重視するのは、それなりには理に適っているとも言えます。

但し、当然のことながら、学歴を重視するのは、そういった能力を欲してるからであって、決して一流大学卒業の肩書きが欲しいわけではありませんから、実力があると認められれば、例え学歴が世間的に高いといえない立場の人にもチャンスがあるのは間違いありません。そのためにもしっかりと自分の能力をアピールできる作品を用意しましょう。

やはり、ここでも、デッサン力に自信がある人は、それをアピールできる作品を用意しておきましょう。ゲームのグラフィックを担当するというのは、かなり高いレベルでのデッサン力を要求されますから、当然、その能力が高いと判断されれば採用される可能性は高くなります。

3DCG等のアプリケーションソフトが使える能力も当然あった方が良いでしょうが、大手のゲーム会社においては、特に新卒採用ですと「育てる」という意識が強く、そのためソフトの操作のような即戦力よりも、基礎的な能力、コミュニケーション能力を重視する傾向にあるようです。

イラストレーターになりたいのであれば・・・

よく、最初はフリーターをしながら、絵を描いていこうと考えている人は多いと思います。また、副業として全く別の仕事をしながら絵を描いている人も多いと思います。経済的な事情からどうしても仕方が無い場合もあるとは思いますが、出来ることならば、フリーターをしながら、あるいは無関係の仕事というのは、イラストレーターになりたいのであれば、あまり長く続けるのは良くないと思います。フリーターのような仕事を長く続けていては、真に仕事の出来るノウハウや技術を全く学ぶことのない時間を多く過ごしてしまうことになりかねません。

イラストレーターを本気で目指すのであれば、例えアルバイトするにしても、関連した職業に就く方が良いでしょう。その方が将来のためには、ずっと良いと思います。

これから何をしたいか分からず、時間稼ぎとしてフリーター生活を送るのも少しならば良いでしょうが、イラストレーターになりたくて、出来るだけ回り道をしたくないのであれば、少しでも早く、イラストレーターという世界に飛び込むべきです。

「無駄な経験などない」ということは確かに言えることで、フリーター生活も完全に無駄になるとは言いませんが、どうせなら、より価値の高い経験が出来る可能性の高い選択肢を選んだほうがいいですよね。「無駄な経験などない」という正論が、時に「怠惰であることの言い訳」にしていることはないか、ということを自問自答してみることも必要かもしれません。

アニメーションの仕事と業界の就職事情

アニメーションの仕事は、なかなか厳しい世界ですよ。私もアニメーション業界にかかわりが多少なりともありますが、かなり給料的にも厳しいものがありますね。私の学生時代の知人でアニメーターの卵の人からの情報も加味し、アニメーションの仕事現場のお話を少ししてみます。

まず、アニメーションの業界の基本的なスタイルとしては、完全なる分業制が採用されているということです。1つのカットを制作するのに、様々な分野の人間が協力し合って作り上げるということです。

そこで、アニメ業界に就職したいと考えている人たちが、すぐにでも就けるポジションをあげてみます。この業界に就職を果たしたい方は、どのポジションに付きたいかしっかり意識して技術を磨くなり勉強するなりするといいでしょう。

また、イラストレーターも、自分でなければ出来ない分野以外は外注化してしまうのが良いと個人的には思っています。FLASHアニメーションの需要が高まってる昨今において、このアニメーションのスピード重視で徹底的に効率化された分業体制は、イラストレーション制作の現場でも学ぶところ、取り入れられそうなところは沢山あると思っていますので、その面でも参考にされると良いと思います。

・制作進行
これは免許が必要なポジションです。ほぼ全てのセクションとかかわりを持つポジションとなります。1話につき、一人が担当するのが普通です。固定給となります。

・動画マン
原画マンが描いた下絵をクリンナップという手法で清書します。また、原画と原画の間の動きとなる絵を補完して、一連の動きを完成させる人となります。実際にテレビや映画などの画面に使われているのは、この動画マンが描いた絵となります。一般的には新人が担当するポジションとなります。

・仕上げ
動画マンが描いた絵に着彩を施す人のことです。現在は殆どのところがデジタルによる仕上げを行ってます。工程としては最後のほうのポジションとなりますので、忙しい時と暇な時の差が激しいポジションです。殆どが女性です。給料の形態は、出来高制であったり固定給であったりと、会社によって異なるようです。

・背景
原画マンのレイアウトを元に背景を仕上げる担当です。かなり細かい仕事を求められたりするため、画力の高い人が沢山いますね。こちらも、給料の形態は、出来高制であったり固定給であったりと、会社によって異なるようです。

・3DCG
アニメの中で使われる3DCGを担当します。2Dで表現するのが難しい箇所は、3Dで作る等いうのが現場の常識になりつつありますが、2Dでの作画が難しい絵は、3Dでやってもやっぱり難しいというジレンマもあるようです。

以上、アニメーション業界に就職を考えている人は、このあたりの事情と、各ポジションの役割を知っておくと、効率的に勉強や就職活動がしやすくなると思います。