3DCG関連

運営者情報
イラストレーターになるために必要なデッサン力やパース関連の話から、CG講座などを考えています。イラストレーションを描くために必要な道具類の紹介と解説、またフォトショップやイラストレーターなどのソフトのお話、そして美大・芸大・専門学校等の学校選びまで、イラストレーションに関する様々な情報を、自分の勉強という意味も含めて配信していきます。
イラストレーター直伝!イラストレーション・CG講座トップ > 3DCG関連
メニュー:3DCG関連:目次
  • 3DCGのソフト選び

3DCGのソフト選び

3DCGのソフト選びです。ゲーム会社に就職したい人もそうですが、最近ではアニメ会社にも取り入れられたりしますし、また、普通のイラストでも配置やパースなどの研究のために取り入れられているところも多いです。私も複雑なパースや建物が密集しているイラストレーションを描く際には、簡単に3Dでオブジェクトを作って配置してそれを参考にしたり、時にはトレースしたりすることもあります。上手に使えば、いろいろな面で有用なのが3Dのソフトです。

私はいくつかソフトを使いましたが、最もモデリングがしやすいと感じるのは、Lightwaveですね。3DCGに必要な機能はほぼ揃えられていますし、非常にオーソドックスなインターフェイスで初心者向きだと思います。

またゲームの開発などによく使われているMayaも使ってみました。これもモデリングはやりやすいですし、オブジェクトのグループ化の機能はLightwaveよりも優れていて使いやすいです。ただ、レンダリング画像がちょっと冷たい感じを受けます。Lightwaveのレンダリング画像は温かみがあって、味がある気がします。その点で私はやはり、特に理由がない場合はLightwaveが良いかなと思いますね。

また、ちょっと特殊な3DソフトにShadeがあります。これは一般的な3Dソフトと違ってベジェ曲線を使ってモデリングをします。通常の3Dソフトを使い慣れている人には取っ付きにくいと思いますが、これはこれで、場合によってはモデリングがしやすいケースも多々あります。また、このShadeは、レンダリング画像がLightwaveとは違った意味で凄く美しいです。温かみは無い分洗練された美しさがありますね。建物や車等の人工物の画像が欲しい場合はShadeで制作すると非常に美しい仕上がりが期待出来ます。実際に、建築パースの分野では、Shadeはかなり人気が高いです。

3DCGソフトは以前は、100万円以上もする高価なものが沢山ありましたが、現在は10万円を切るものも多く敷居は低くなってきています。

以上、他にも3Dソフトがありますが、今回はこの3つの紹介にしておきます。また機会があれば、3Dソフトもご紹介していきますね。